スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「九降風」ロケ地探訪 
竹東へ行ってきました。
旧暦1/15は元宵節といい、正月の最後の日です。
台湾各地では天燈を飛ばす「ランタンフェスティバル」が開催されます。
普通の観光客だと、有名な平渓などに行くのでしょうが私のお目当ては新竹県のイベントでした(笑)

新竹県のイベントと行っても、開催地は竹東。遠い・・・orz
しかし、竹東といえば!竹東高中ですよね?(違う??笑)
そう、毛弟が出演した映画「九降風」の舞台になった高校があるところです。
とワクワクして台北を出発。

バスで1時間ちょっと(かな?)走ると竹東に到着。小学校を過ぎた辺りで降りると、ちょうど高校の前に到着です。
でも・・・平日の真昼間。授業中で入れませんでした(爆)

仕切りなおして、駅の方へ。竹東は内湾線というローカル電車が走っており(現在は工事中で新竹~竹東間は運行中止中)、終点内湾まで田舎旅が楽しめます。
駅の近くにあるのが、こちら!

09021001.jpg

映画を見てない人には何のこっちゃな場所ですが・・・
7人がたむろってた場所です。ホントに映画と変わらぬ風景がそこに。
今にも学生服を着た毛弟が出てくるかと思うくらいでした。

行き方:とにかく竹東まで行く。竹東車站を背にして左側へ1分ほど歩くとすぐに分かります。

ついでに、内湾線に乗ってきました。
竹東車站も雰囲気あります。

09021002.jpg

終点の内湾には老街があり、歩き食べとかが楽しめますヨ。
近くにはこんな吊り橋も。日本は冬なのに台湾では桜が咲いてました。

09021003.jpg

新竹イベの模様は別宅にて(笑)
スポンサーサイト
旧暦1/15は元宵節といい、正月の最後の日です。
台湾各地では天燈を飛ばす「ランタンフェスティバル」が開催されます。
普通の観光客だと、有名な平渓などに行くのでしょうが私のお目当ては新竹県のイベントでした(笑)

新竹県のイベントと行っても、開催地は竹東。遠い・・・orz
しかし、竹東といえば!竹東高中ですよね?(違う??笑)
そう、毛弟が出演した映画「九降風」の舞台になった高校があるところです。
とワクワクして台北を出発。

バスで1時間ちょっと(かな?)走ると竹東に到着。小学校を過ぎた辺りで降りると、ちょうど高校の前に到着です。
でも・・・平日の真昼間。授業中で入れませんでした(爆)

仕切りなおして、駅の方へ。竹東は内湾線というローカル電車が走っており(現在は工事中で新竹~竹東間は運行中止中)、終点内湾まで田舎旅が楽しめます。
駅の近くにあるのが、こちら!

09021001.jpg

映画を見てない人には何のこっちゃな場所ですが・・・
7人がたむろってた場所です。ホントに映画と変わらぬ風景がそこに。
今にも学生服を着た毛弟が出てくるかと思うくらいでした。

行き方:とにかく竹東まで行く。竹東車站を背にして左側へ1分ほど歩くとすぐに分かります。

ついでに、内湾線に乗ってきました。
竹東車站も雰囲気あります。

09021002.jpg

終点の内湾には老街があり、歩き食べとかが楽しめますヨ。
近くにはこんな吊り橋も。日本は冬なのに台湾では桜が咲いてました。

09021003.jpg

新竹イベの模様は別宅にて(笑)
スポンサーサイト
【2009/02/12 Thu 09:52 】 | 棒棒堂 | comment(2) | trackback(0) |
<<「糖瑪奇朵」ロケ地探訪 | ホーム | 「愛到底」記者会見>>
コメント
竹東、いいところですね~
すごい~、
ロケ地は本当に映画のまんまの場所だったんですね。
毛弟が出てきても不思議じゃないですよ!(^^;)

竹東、すごく良さそうなところですね。
私も行ってみたくなりました。

あとで
別宅も伺わせていただきます~(^_^)
【2009/02/12 15:14】| URL | さとー #-[ 編集] |
>さとーさん
この場所は映画の中でも印象深かったので見れて良かったです。
ぜひ機会があったら行ってみてくださーい!
内湾線の旅も趣があっていいですよ。
【2009/02/12 17:28】| URL | sao #j2KS4BfU[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bang2tang.blog102.fc2.com/tb.php/365-c3c6f8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。